成年後見Q&A

家族が後見人になることはできますか?

はい可能です。ただし、後見人として相応しいかどうかは家庭裁判所が各ご家族の諸事情を考慮して判断をします。

ご家族を後見人として希望していても、司法書士や弁護士等の専門職が選任される場合もありますのでご注意ください

生活保護や年金暮らしでお金が無くても利用できますか?

はい、ご利用頂けます。京都市では所得が少ない方でも一定の条件を満たせば後見人の報酬を市が助成する制度がありますので、ご安心下さい

後見人の報酬は誰が払うのですか?

後見人が就任した後の報酬は、原則としてご本人様(被後見人の方)のお金から支出することになりますが、所得が低い方の場合は京都市が助成する制度もあります。

報酬の金額は、ご本人様の生活に無理がない程度で家庭裁判所が決定します(後見人が勝手に決めることはできません)

後見人に支払う報酬はどのくらいですか?

金額はそれぞれの収支を考慮して家庭裁判所が決定しますので一概には言えませんが、おおむね月2~3万円のことが多いです。

ただし、資産が多い方や後見人が特別な仕事をした場合(不動産の売却や相続の手続きなど)は月4万円以上の決定が出る場合もあります。

手続きにはどの程度時間がかかりますか?

準備を始めてから2~3か月程度かかることが多いです。個々の事案によって異なりますので、事前にご相談下さい

判断力はありますが体が不自由な場合でも利用できますか?

法律で定められた後見制度は、認知症や精神疾患で判断能力が不充分な方のための制度となっており、そのための医師の診断書も必要です。

そのため、お体は不自由だが判断能力はしっかりしている、という方は利用することができません。

このような方は、司法書士や弁護士等の専門職と任意の財産契約をして金銭管理を代行する方法や、社会福祉協議会の支援制度をご利用頂ける場合があります

葬儀や納骨も後見人にお願いできますか?

法定の後見人の場合、ご本人様がお亡くなりになった後は仕事が終了してしまいますので原則、葬儀や納骨をする義務はありませんが、つかさ司法書士事務所では身寄りのない方やご親族と疎遠な方の場合に限り、葬儀や納骨も行っております

手続きにどんな書類が必要ですか?

ご相談を頂く際に、下記のような書類をご準備頂くとスムーズです。事案によって異なりますので、事前にご相談下さい

  • 医師の診断書(裁判所指定の書式がございますのでお渡しします)
  • 通帳のコピー(表紙・中表紙・約1年分の記録)
  • 介護保険証のコピー
  • 障害手帳のコピー
  • 年金のお知らせハガキ、年金証書など
  • 介護サービス(ヘルパー、デイサービスなど)又は施設利用料などの請求書・領収書
  • 生命保険、損害保険等の資料
  • 不動産をお持ちの方は、固定資産税の通知等の資料
  • 株式、投資信託などの資料
  • 借金がある場合、その資料
  • ご親族の住所・氏名・連絡先のメモ(分かる範囲で構いません)
  • その他、書類作成に必要な情報シートへのご記入をお願いしております

※以下の書類は司法書士による代行取得も可能です

  • 本人の戸籍謄本
  • 本人の住民票(本籍地記載のもの)
  • 後見人の住民票(本籍地記載のもの)
  • 申立人と本人の関係が分かる戸籍
  • 法務局発行の本人が「登記されていないこと」の証明書

対応エリア(地域)を教えて下さい

つかさ司法書士事務所では、原則、成年後見業務につきましては京都市内のみのご対応となります

ページトップへ戻る